クリックしてね!

いろいろ2

  • 秋のぼうけん
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ

  • あちこち
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!
無料ブログはココログ

« 1995 シャトー・オーブリオン | トップページ | 1976 シャンボール ミュジニ レザムールズ »

2009年5月 1日 (金)

NV エリックロデス ノンドゼ

Nvericrodeznondose もう5月ですね!お花の時期が終わりどんどん緑が濃くなっていきます。爽やかな季節・・・素晴らしいですね!シャンパーニュの中でも季節があるように思います。春はマロラクティック醗酵をしていない華やかで爽やかなタイプ。夏は甘味を感じさせないシャープで切れの良いタイプ。秋は豊かな広がりのコクのあるタイプ。冬はほのかに甘味のある気持ちを温かくしてくれるタイプ。季節に合わせて、シチュエーションにあわせて、シャンパーニュを楽しみたいですね!

今私を支えてくれている大切な女性がプレゼントしてくれました。6回に分けて来るそうですが、最初の一本が来たので早速一緒に飲みました。1月27日のブログに書いたものと全く同じエチケットですが・・・中身は少し違います。後ろにこのワインの素性が語られています。後ろには、NonDose:ExtraBrutって書かれています。でも、ちょっといじって表にExtraBrutの表記をコラージュしてみました。通常のブリュットのようにドサージュをしないで、葡萄の持つほとんどの糖分をアルコールに変えた極辛口です。あまり見かけられないタイプでして、造り手は造るのを好みません。なぜかというとコクを出すのがとても難しいからです。糖分を加えると容易にコクと広がりを加えられますからね・・・飲んでみると、華やかな香りもありますが、ミネラルの香りが豊かに感じられます。味わいは、甘味はほとんど感じられなくてシャープですが、程よいコクがあり、余韻も長めです。いつものワインショップで、それぞれの造り手にノンドゼを造ってもらっての6本のセット!(http://www.winegrocery.com/fs/winegrocery/1384/7649)12月まで後5回楽しめそうです。ついでに、澱を抜き取る作業をデゴルジュマンといいますが、2008年の7月に澱抜きをしたと入っていますね!(Degorgement Juillet 2008って入っています。)澱が入っていると酵母に由来する香りが付いたりしますが、澱を抜いた後は穏やかにワインだけの熟成を始めます。とても重要な情報です。時には日にちまで入っていたりもします。よろしかったらシャープなシャンパーニュの逸品を皆さんもいかが?(なんかコマーシャルみたい・・・)

« 1995 シャトー・オーブリオン | トップページ | 1976 シャンボール ミュジニ レザムールズ »

Mousseux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NV エリックロデス ノンドゼ:

« 1995 シャトー・オーブリオン | トップページ | 1976 シャンボール ミュジニ レザムールズ »