クリックしてね!

いろいろ

  • あちこち
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ2

  • x090の答え
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!
無料ブログはココログ

« 2007 オステルタグ リースリング | トップページ | NV マゼンタ ブリュット »

2009年10月14日 (水)

1957 ムーラナヴァン

1957moulinavent ワインって、どうして賞味期限が無いんでしょう・・・チーズって、どうして賞味期限があるんでしょう・・・ワインは、それぞれ地域や品種によって寿命があるようなので、賞味期限があっても良いような気もしますが・・・たとえば、もうすぐ解禁になるボージョレ・ヌーヴォーなんかは、本来がその年の出来の善し悪しを早く知るためのワインですから、その年中が賞味期限といっても良いような気がします。私は、オールドヴィンテージが好きですから賞味期限を過ぎたワインにロマンを感じ、その時間の価値を楽しんでいます。消費期限は、そういった意味で無限かもしれません。チーズの賞味期限は、おかしいように思います。ナチュラルチーズの何割かは熟成して初めて美味しくなるのに、賞味期限の間には熟成しきらないものがほとんどに思います。中まで熟成してトロッとなったシェーブルは捨てがたいものがありますからねぇ・・・ですから、チーズに関しては賞味期限は無視です!

ワインの寿命って、どのくらいあるんでしょうね!私は100年を越えた前々世紀のワインを二度飲んだ事がありますが、ちゃんと飲めましたよ!このワインは、ボージョレ地区の中では最も長命といわれているワインです。ボージョレ地区で最も評価の高いムーラナヴァンです。(このワインは発音の表記が難しくて・・・ムーラン・ナ・ヴァンとか、ムーラン・ア・ヴァンとか・・・ムーラン・ナ・ヴァンは明らかに間違っているのにこの表記が最も多いように思います。昔いた某レストランでもムーラン・ア・ヴァンだったので噛みついた記憶が・・・)ボージョレというとヌーヴォーと混同されてよく馬鹿にされますが、良いワインもたくさん造っています。その中では、最もしっかりしたふくらみのある香り豊かなワインを造っている村です。随分前にオークションで買った、私よりも年上のワインです。大丈夫とは思っていましたが・・・(内心ちょっと心配していましたけど・・・)なかなかに良い状態で、52年の時刻の流れを感じさせてくれました。エチケットは落ちないようにセロハンテープで留めてありまして、なんだか雰囲気がありますね。色はさすがに枯葉色が支配的で澱もそこそこにあり、香りは紅茶のような熟成を感じさせ柔らかで意外と豊か、味わいは酸味がしっかりはしていても滑らかで優しい味わい・・・なんだか素敵ですね!こういったワインを開けるたびに、自分の人生が走馬灯のように蘇ってきてセンチメンタルな気分になってしまいます。こんなワインには、つまみも言葉も必要はありません。ただその時の流れに乾杯!

ブログネタ: 賞味期限、気にする? 気にしない?参加数

« 2007 オステルタグ リースリング | トップページ | NV マゼンタ ブリュット »

VinRouge」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1957 ムーラナヴァン:

« 2007 オステルタグ リースリング | トップページ | NV マゼンタ ブリュット »