クリックしてね!

いろいろ2

  • 渡り蟹
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ

  • あちこち
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!
無料ブログはココログ

« 2006 リュリー | トップページ | 1997 シャトー グリエ »

2010年4月15日 (木)

1996 ヴォルネイ サントノ

1996volnaysantenots マロングラッセと栗甘納豆の違いは?ん・・・先日いただいた和風マロングラッセみたいなものですが、表示してあった商品名は栗甘納豆でした。アルコールを含まないのでお子様にも大丈夫だそうです。ということは、ブランデーでアルコールが残った栗がマロングラッセで、ただシロップで煮たものが栗甘納豆なんでしょうかねぇ?とっても大きな粒の丹波栗を渋皮の付いたままで、ゆっくりとシロップで煮たようで、栗の風味を損なわずにしっかりと甘く美味しかったぁ。一緒に一保堂のお抹茶を点てていただきました。茶碗は、父と一緒に買った人間国宝の清水卯一さんの長男清水保孝さんのお茶碗です。清水保孝さんのお店に行った時、父が気に入って購入し、失礼ながらも勝手に亀遊と銘をつけ、桐箱にも書いていただきました。懐かしい想い出です。私も一碗買った記憶がありますが、残念ながら現在のところどこにあるのか、見つかっていません。いいお茶碗でいただくお抹茶は格別に美味しいように思われます。

画像を[いろいろ]に掲載中です!

このワインのエチケットには、師匠のセルジュ・デュプスのサインが入っています。いつ飲んだワインなのか記憶になかったのですが、先程唐突に思い出しました。Ami lie と入っています。フランス語は不得意なので辞書を引いたところ、意訳すれば親愛なる友ですかねぇ・・・まぁそんなに親密なはずはない。で、思い出しました!世界一のソムリエだったセルジュ・デュプスさんが、高輪プリンスで集中講義をされた時のものだったんだと。二日間、朝から夕方までずっと一緒に、ランチの時も料理とのマリアージュを確かめながら学ばせていただき、その時に出題されたワインです。懐かしいなぁ・・・フランスのブルゴーニュのヴォルネイ、力強い赤ワインで、照り焼きなどにも合う良いワインだったと記憶しています。色合いは、紫色の見える濃いガーネットカラー。香りは、とても強いフレッシュなミュールやミルティーユの香り、ヴァニラの香り、わずかにミントの香り。味わいは、渋味はまだ溌剌としていて、穏やかな酸味も豊か。深みとふくよかさを持ち、長い余韻で、とてもヴォリューム感のある味わいでした。ただ緊張のためか、分析はできましたが、味わうことはできなかったように記憶しています。大変素晴らしい経験をさせていただきました。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

« 2006 リュリー | トップページ | 1997 シャトー グリエ »

VinRouge」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1996 ヴォルネイ サントノ:

« 2006 リュリー | トップページ | 1997 シャトー グリエ »