クリックしてね!

いろいろ2

  • お店
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ

  • あちこち
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!
無料ブログはココログ

« 1997 シャトー グリエ | トップページ | NV ルネ ジョフロワ »

2010年4月18日 (日)

2008 バロン ド ボーラン ルージュ

2008barondebeaurond 京都のくりたでご飯をいただいた後、お土産に鰯の印籠煮を求めました。印籠煮とは、食材をくりぬいたり空洞に詰め物をした料理、もしくは照りをつけて煮しめた料理のことを言うそうです。他にも汁気がなくなるまで煮て印籠に入れて持って歩いたとも言われているそうです。今回お土産にしたのは、煮しめて保存性を高くした鰯でした。結構、硬く煮しめられているカタクチイワシで、全く生臭くなく、柔らかい鰹節のように厭味のない魚の旨みをこれでもかと楽しめます。鰯の生臭さをこれだけ感じさせないように造るのは大変なんでしょうねぇ・・・日本酒のお供には最適なおつまみです。白ワインにも合いそうですね!

画像を[いろいろ]に掲載中です!

料理にも使うとてもリーズナブルな赤ワインです。飲んでも美味しいのですが、赤ワイン煮を造るのには最適です。今回は、豚の軟骨をこの赤ワインで煮込んで、カレーのソースに使いました。結構贅沢でしょう!でも、半分は飲んじゃいましたけどね・・・色は中庸の青みを帯びたガーネットカラー。香りはフランボワーズやカレンツなどの赤いベリー系の香りとわずかにピーマンの香りとヨーグルトの香り。味わいは、柔らかな酸味と軽やかな渋味を感じ、余韻はそこそこ。ふくらみとコクは少なめの若々しい華やかな気軽に楽しめる赤ワインでした。飲んでも美味しいかも。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

« 1997 シャトー グリエ | トップページ | NV ルネ ジョフロワ »

VinRouge」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008 バロン ド ボーラン ルージュ:

« 1997 シャトー グリエ | トップページ | NV ルネ ジョフロワ »