クリックしてね!

いろいろ2

  • 渡り蟹
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ

  • あちこち
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!
無料ブログはココログ

« 1998 シャトー・ラサール | トップページ | NV クリスマス・エール »

2010年12月17日 (金)

2002 シャトー ド サントジェム

2002chateaudesaintegemme 京都編特別編 京都で少し用事があり西陣織会館に行きました。ちょうど観光客向けの着物ショーを見ることができました。以前の私はブログ名の通り呉服屋をしていました。今でも反物を巻くこともできますし、すれ違っただけで大体の値踏みもできたりします。今ではソムリエを生業としているので、着物も遠い存在で時々懐かしく思うことも。京都の基幹産業であった呉服業界も時代の流れと共に衰退の道をたどり絶滅寸前の様を呈しています。最近の日本人は、ナショナリズムが希薄になっているような気がして、和の心も廃れてしまったのかも。外を歩いていても和服を着ている人を見かけなくなり寂しいですね。江戸時代のように皆さんが着てくれれば、私は今も呉服屋だったかもしれません。人生どこでどうなるかわかりませんね!久しぶりに呉服に触れてそんなことを思いました。

京都編11の画像を[いろいろ]に掲載中です!

ボルドーの赤ワインを試飲販売をした時のもう一つのアイテムです。リーズナブルなボルドー、オー・メドックのワインです。色合いは底の見えないほどの濃いルビーカラー。香りは、フレッシュなミルティーユやミュールのような赤黒い色の果実の香りとピーマンのような香りとほのかなカラメルの香り。味わいは、8年の熟成で落ち着きを見せ始めたところ。果実味が豊かで、渋味は少し粗くもう少しの熟成を待った方がより大人びた味わいになりそうです。余韻も長めなので、早く抜栓してゆっくりと楽しみたいです。タレをつけた赤身の焼肉なんかと良く合いそうです。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

« 1998 シャトー・ラサール | トップページ | NV クリスマス・エール »

VinRouge」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます!
いつも見ていただいて・・・
キリ番だけでなくいろいろな記事で楽しんでください。
これからもワインや食事に関することも含めて綴っていきたいと思います。
次回777777も頑張ってくださいね!

カウント70000私がげっとーーーーー!!!

今年もあと2週間で終わりだねぇ~…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2002 シャトー ド サントジェム:

« 1998 シャトー・ラサール | トップページ | NV クリスマス・エール »