クリックしてね!

いろいろ2

  • 渡り蟹
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ

  • あちこち
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!
無料ブログはココログ

« NV シードル ブリュット | トップページ | NV グロンニエ ブラン ド ブラン »

2011年7月 5日 (火)

NV グロンニエ ブラン ド ノワール

Nvgrongnet 伊豆稲取編4 旅館の夕食は、基本的にどこの旅館も山海の珍味が満載で豪華絢爛です。一見、度を越した量のようにも思えますが、その非日常感が旅館に泊まる醍醐味の一つなのかもしれませんね。今回の旅館でも、目前に稲取港があるので特に海の幸があふれていて、食べきれないくらいの素晴らしいお料理で、見るだけでも満足感がありました。メニューには、“銀の栞 贅の旅”とあり、食前酒のニューサマー酒(ニューサマーオレンジの香りのするお酒)から始まり、前菜、刺身、凌ぎ、焼き物、中皿、煮物、酢の物、御飯、水菓子と、さすがの私も最後まで平らげることはできませんでした。to be continued

山海の珍味1の画像を[いろいろ]に掲載中です!

ステンレスタンクでマロラクティック醗酵させたピノノワールが50%、大きな木樽でマロラクティック醗酵させていないピノムニエが50%でドサージュも1.2g/ℓと少なめ。2005年産が80%2004年産が20%。色合いは、濃いめのイエローカラーで泡立ちは穏やかで長く続きます。香りはグレープフルーツやオレンジの皮の香りと乳酸菌飲料の香りが共にします。味わいは、爽やかな酸味と穏やかな酸味がバランスよく感じ、ほのかな苦味とわずかに渋味を感じます。全体的に重めでしっかりした骨格に柔らかさが加わったイメージで、肉料理などにも良く合いそうです。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

« NV シードル ブリュット | トップページ | NV グロンニエ ブラン ド ブラン »

Mousseux」カテゴリの記事

Voyage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NV グロンニエ ブラン ド ノワール:

« NV シードル ブリュット | トップページ | NV グロンニエ ブラン ド ブラン »