クリックしてね!

いろいろ2

  • 003
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ

  • あちこち
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!
無料ブログはココログ

« 1979 リシュブール | トップページ | NV ヒルファーム マスタード スパイシー »

2011年11月 4日 (金)

1996 ロマネ サン ヴィヴァン

1996romaneestvivant先日、友人から頼まれてリーデルのグラスを買いに行きました。長年お付き合いのある大手の輸入業者のショールームにていろいろ検討し手ごろなセットに決めました。リーデル社は、ワイングラスではトップのシェアを誇り様々なタイプのグラスを開発していて、ハンドメイドの高級品からマシンメイドのお手軽なものまで、ガラスの質、大きさ、形、価格にも幅があり選ぶのが大変です。私がコツコツ集めたグラスは、震災でほとんどなくしたので、見ていると楽しくて自分でもほしくなります。このショールームには、他にソムリエナイフもあり、私にとっては魔のエリア・・・危ないので近づかないに限ります!

[いろいろ]に“リーデルのグラス”の画像を掲載中です。

ロマネコンティの話 その3  10世紀初頭以来、このロマネコンティの畑は、サンヴィヴァン修道院のもとで耕され、18世紀初頭には、ルイ14世の侍医が持病の治療薬として毎日スプーン数杯のロマネコンティを処方しました。ルイ15世時代葡萄畑の所有をめぐって王の寵妃ポンパドール夫人とブルボン王朝の名族コンティ公爵の間で争奪合戦が行われました。1760年、この勝負はコンティ公爵の側に軍配が上がり、腹を立てたポンパドール夫人は、以降ヴェルサイユの宴席からブルゴーニュワインを締め出した。とも伝えられています。(データ等は1999年サントリーの世界のワインカタログより参照させていただきました)

ロマネコンティのワイン達の中では、もっとも軽いタイプと言われているロマネ・サン・ヴィヴァンです。ロマネコンテイ社の中ではと言うだけで、違う造り手のロマネサンヴィヴァンに比べればとても凝縮感のあるワインです。せっかちな人が増えたのか、早く飲めるタイプが流行っていますが、ゆっくりと熟成させて楽しみたいワインの一つです。価格はやっぱり100000円は下らないようで、ため息が出ますね。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

« 1979 リシュブール | トップページ | NV ヒルファーム マスタード スパイシー »

Drc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1996 ロマネ サン ヴィヴァン:

« 1979 リシュブール | トップページ | NV ヒルファーム マスタード スパイシー »