クリックしてね!

いろいろ

  • あちこち
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ2

  • x090の答え
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!
無料ブログはココログ

« 振袖美女がずらっと! | トップページ | ニャンニャンニャン »

2012年2月21日 (火)

2003 バローロ

2003barolo京都節分編 4 “もしイタリアに京都という州があったら”をコンセプトにする、なかなか予約が取れないイル・ギオットーネでイタリア料理の晩御飯。このお店はメニューだけでなくワインにも面白いシステムがあります。ワインリストにあるスパークリングワインを除くすべてのワインにハーフの設定があります。最近は、ハーフボトルのワインは見かけなくなっているので、なんとも不思議です。聞いてみると、それぞれのワインを半分にしてくれるのです!ソムリエをしていますが、こんなシステムは初めて、しかもエチケットもいただけるのです!目の前で開けたものをデキャンターに半量分けてから注いでくれます。残ったワインはグラス売りをするのでしょうけど、なんとも大胆で素晴らしいシステムです。回転が良くないと廃棄になってしまうので、お店としては危険なシステム、ワインの販売に自信があるんでしょうね。とってもびっくりしました。このお店は、ネットの口コミで否定的な書き込みが多くて、正直なところ心配していました、でも実際には私達がお願いした希望のすべてを叶えてくれるとても素晴らしいレストラン。もちろん、たくさんの美味しい京野菜を主とした料理の味も抜群で心から満足!次に京都に行っても必ず寄りたいお店でした。(でも予約が取りにくくなっちゃうので、お勧めはしませんよ)to be continued

[いろいろ]に“マンジャーモ3”“マンジャーモ4”の画像を掲載中です。

イル・ギオットーネのワインリストはハーフの設定があるので、白ワインの後に赤ワインをオーダー、久しぶりにネッビオーロを使ったバローロです。色合いは、濃いめのガーネットカラー。香りは、ミルティーユやミュールのような黒系ベリーの香り。ほのかに枯葉や腐葉土の香り、豊かで力強い香りを感じます。味わいは、穏やかな酸味、シルキーな渋味、柔らかな苦味、果実味もしっかりとあり、ヴィンテージの割には熟成感が少なめです。避けていたイタリア北部のワインも新しい流れで、親しみやすいタイプが増えたようで、これからはイタリアワインも飲んでみようかなぁ

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

« 振袖美女がずらっと! | トップページ | ニャンニャンニャン »

VinRouge」カテゴリの記事

Voyage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2003 バローロ:

« 振袖美女がずらっと! | トップページ | ニャンニャンニャン »