クリックしてね!

いろいろ2

  • 渡り蟹
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ

  • あちこち
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!
無料ブログはココログ

« 2009 コート ド プロヴァンス | トップページ | NV カミヤワイン ロゼ »

2012年7月12日 (木)

2008 ニエッデラ ロッソ

2008nieddera先日、新しくできたイタリアを専門とするインポーター“ボルコ・ヴィーノ”からテイスティングを依頼されました。現在販売方法などを模索中のようで、ワインだけでなく生ハム、チーズ、チョコレートなどをインターネットでも購入することができます。今回送られてきたのは、手頃な価格の赤ワインと可愛いパッケージングのチョコレート。ワインのコメントは後半で・・・チョコレートは、外見は、長径5cm位の那智黒のような楕円形の玉石状。香りは、リキュール類は感じられない甘いチョコレートの香り。中は、しっかりと乾燥させた杏子の半身に、薄く硬めのゼラチンでコーティングした上に程々の甘味のチョコレートがかかっています。杏子の果肉部分は若干硬さを感じるもののフルーツの感触も残っていて、普段は食べないドルチェですが、今回の赤ワインと一緒でも違和感なく楽しめました。

[いろいろ]に“ワインとチョコレート”の画像を掲載中です。

最近忘れ去られる寸前の葡萄品種を栽培し、今風の解釈で造られるワインが増えています(シャンパーニュ地方のアルバンヌやフロモントー、ボルドー地方のカルメネール、カラブリア州のガリオッポetc)。このワインもサルディーニャ島で古くから栽培されていたニエッデラという忘れられそうになっていた品種を主体にして造られた赤ワイン。色合いは、紫色が少し残る濃いルビーカラー、粘着性もしっかり。香りは、よく熟したミュールやミルティーユの香り、わずかに乳酸菌飲料、腐葉土、しし唐の香り。味わいは、凝縮感のある果実味、穏やかな酸味が豊か、甘味を連想させるような旨味があり、こなれたタンニンの渋味とビターチョコレートの苦味も感じます。アルコールのボリューム感はあるものの厚みは控えめ、後味は酸味と苦味が長く続きます。トマトで煮込んだ鰯や酸味のしっかりとあるフレッシュタイプのフロマージュ等とのマリアージュが期待できるような赤ワインです。
今回のテイスティングはCMではなく、私のお勧めでもありません。でも、コストパフォーマンスは水準以上ですので、少し買ってみてもいいかなぁと思いました。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

« 2009 コート ド プロヴァンス | トップページ | NV カミヤワイン ロゼ »

VinRouge」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008 ニエッデラ ロッソ:

« 2009 コート ド プロヴァンス | トップページ | NV カミヤワイン ロゼ »