クリックしてね!

いろいろ2

  • 渡り蟹
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ

  • あちこち
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!
無料ブログはココログ

« NV ジャックセロス | トップページ | NV 京の祇園祭 吟醸純米 »

2012年7月25日 (水)

NV ドラピエ ブリュット ナチュール

Nvdrappierbrutnature_2京都祇園祭宵山編2 祇園祭は別名鱧祭、いつもの京料理“くりた”でも、京都の夏の味覚をたっぷりと味わいました。くりたの大将もザッザッザッっと小気味よい骨切り包丁の音を聞かせてくれます。鱧料理があちこちに登場です。八寸で肝煮と揚げた皮、お造りで鱧の落としと洗い、焼き物で白焼き、御飯で鱧御飯。さすがに鱧祭ですねぇ。大好物の鮎の塩焼き!ピチピチの鮎がそのまま塩焼きになって、うまうまです。珍しいところでは銀杏、この時期はまだ未熟のままで柔らかく少し青っぽいところが格別です。賀茂茄子の田楽も定番ですが火の通りが絶妙でこれもまた格別!京都の夏の美味しさを満喫しました!to be continued

[いろいろ]に“くりた2”“くりた3”の画像を掲載中です。

造り手としては、ドサージュをしないのは小細工がきかないので、難しい選択です。ドサージュやリキュール・ディクスペディションをすることで性格を持たせ味を決定できるのですが、それを行わないとすると葡萄本来の出来が良くないと痩せた軽いシャンパーニュになってしまい価値がなくなってしまいます。葡萄造りに自信を持っている造り手だけが手掛けるいわば勲章の様なものなのかもしれません。色合いは、淡い鶉の目の色、ブランと謳ってはいますがほぼロゼカラーで、泡立ちは賑やかで長く続きます。香りは、フランボワーズやグロゼイユなど赤い果実のニュアンスがあり、ドライのオランジュや花梨の香り、ミネラルとトーストしたパンの香りも感じます。味わいは、穏やかな酸味がしっかり、わずかに渋味と苦味があり、コクと広がりが豊かです。朝シャンには少し重めでしたがゆっくりと朝のひとときを楽しめました。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

« NV ジャックセロス | トップページ | NV 京の祇園祭 吟醸純米 »

Mousseux」カテゴリの記事

Voyage」カテゴリの記事

コメント

kumiko 様
子供の頃から、身近なお祭りです。鱧も賀茂茄子も子供の頃から食べていたので、たまに食べると懐かしくなります。
残念ながらナパには行ったことがありません。ニーバム・コッポラやシルバラード(ディズニーファミリー所有の方)、ミツコ・ヴィンヤードには行ってみたいなぁと思います。ちょっと暑いのでお気をつけて!

祇園祭、行ったことないんですよね、鱧とか賀茂ナスとか憧れるわ。

来月ナパバレーに行きます。もし行かれたことがあれば、お勧めをお聞きしたいもので。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NV ドラピエ ブリュット ナチュール:

« NV ジャックセロス | トップページ | NV 京の祇園祭 吟醸純米 »