クリックしてね!

いろいろ

  • あちこち
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ2

  • x090の答え
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!
無料ブログはココログ

« 紫陽花 | トップページ | 2007 シャトー マルゴー »

2013年6月17日 (月)

1994 シャトー ラトゥール

1994chateaulatourソムリエコンクールへ4 有楽町東京国際フォーラムで開催されたソムリエ世界一を決める第14回世界最優秀ソムリエコンクール、私にとっては師でもあるお二人、A.S.I会長の田崎真也氏と副会長のセルジュ・デュプス氏の話から始まりテイスティングやサービスの問題が出されました。課題はサプライズの問題も含めて7問あり
1 男性3人のお客様に対して、3種類のシャンパーニュを選んでサービスをする。
2 男性4人のお客様に対して、7皿の料理に対して白ワイン2種類を含めた5種類のワインをお勧めする。
3 女性2人を含めて8人のお客様に対して、ボルドーワインをデキャンタージュしてサービスする。
4 ワインリストの間違いさがし。
5 4種類のブラインドテイスティング。
6 6種類のワイン以外の飲料のブラインドテイスティング。
7 スライドで映される15名の生産者の名前を答える。
さすがに世界レベルの問題は難しくて、出場者も時間切れになるなど悪戦苦闘されているように見受けられました。母国語以外の言葉を使用するという制約だけで、私にはハードルがとんでもなく高いです。
優勝はスイス代表のパオロ・バッソさん!実技のサービスでは、大変手際よくスピーディーでした。2位になったのは、カナダ代表の初の女性ファイナリストのヴェロニク・リヴェストさん!細かいことに気が付く柔らかな対応が好印象でした。3位は、アルスティード・スピーズさん。私には欠点のない無難なサービスに見えました。誰が優勝するのかわからないような接戦に見えたのは私だけだったのでしょうか?とにもかくにも素晴らしい決勝戦でした!私も以前に日本の予選にエントリーしたことがありますが、全く歯が立つようなレベルではなかったことを記憶しています。また、少し勉強してエントリーしてみようかなぁ・・・?

画像を[いろいろ]“難問”“世界一は?”に掲載中です!

フランス・ボルドーのポイヤック1級のシャトー・ラトゥール、押しも押されぬボルドー61シャトーの頂点です。色合いは、わずかにオレンジ色が見え始めた濃いめのルビーカラー。香りは、ミュールやミルティーユのコンフィチュールのような香りが濃厚、少しだけ若さも感じさせるような青っぽい香りも感じ取れます。味わいは、果実味が豊かで、穏やかな酸味がしっかり、苦味とこなれた渋味もまだ十分にあります。余韻もエスプレッソにクリームを入れたようなニュアンスの香りが長く続きます。ソムリエコンクールで優勝したかのような堂々とした実力を備えながら優雅で豪華な味わいを持つ赤ワインでした。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

« 紫陽花 | トップページ | 2007 シャトー マルゴー »

VinRouge」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1994 シャトー ラトゥール:

« 紫陽花 | トップページ | 2007 シャトー マルゴー »