クリックしてね!

いろいろ

  • 魚心3
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!
無料ブログはココログ

« 凄 初雪 | トップページ | 土曜日はニャンコ!168 »

2016年11月25日 (金)

旨 笹巻毛抜き寿司

10先週のある日、マンションのリフォームで断水があるということで、出かけることにしました。以前から行ってみたかったお寿司屋さんでお昼ご飯。江戸三鮨の一つだそうで(現存するのはこのお店だけ)、大阪の箱寿司等の塩と酢の強い保存の効くお寿司でした。ランチタイムには、穴子と鮪の二色丼、干瓢と卵の笹巻き寿司、小鉢、吸い物、香の物とボリュームもしっかり、女性は御飯を減らしてもらってました。食べてみると確かに酸味と塩味が強めでしっかりした味付け、現在の握り鮨とは共通点が少ない鮨。店名も、防腐効果のある笹で巻き、毛抜きで小骨を抜いたことから“笹巻毛抜き寿司”となったそうです。お土産に全7種の折を買って帰り、夕食にいただきました。

画像を[いろいろ]“お店は”“笹巻毛抜き寿司”に掲載中です!

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

« 凄 初雪 | トップページ | 土曜日はニャンコ!168 »

」カテゴリの記事

コメント

urara 様
江戸時代から、小鯛の骨だけは酢につけても柔らかくならないので、
毛抜きで骨を抜いていたそうです。
笹巻き鮨を食べに来た旗本達が、
その毛抜で骨を抜く様を面白いと思い、
毛抜鮨と呼んだのが店名の由来になっているようです。

鮨好きの方は、一度この江戸時代の味を知ってみるのも一興かと思います。

江戸三鮨なんてのがあるのか。思わずネット検索したわー
笹巻毛抜き寿司って、変な店名?のような面白い店名のような(笑)
別の店だけど笹巻寿司って東京ではデパ地下にもあって、そこのは塩も酢もそんなに感じないけどな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旨 笹巻毛抜き寿司:

« 凄 初雪 | トップページ | 土曜日はニャンコ!168 »