クリックしてね!

いろいろ4

  • 頂き物
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ3

  • 月食
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ2

  • お店2
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

いろいろ

  • 鶏鉾
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!

参 2021桜の京都編28 芳春院

2800 2021桜の京都編28 色々制限があるなか、桜咲く京都へお花見に行ってきました。ホテルの部屋でお弁当を楽しんだ後は大徳寺へ。今や京都に於ける私の心のよりどころとなった、大徳寺塔頭の芳春院(拝観は通常非公開)へお参り。40年を超える旧知のご住職にお会いしてご挨拶、本堂の前でお庭を拝見しながら穏やかな時間を過ごします。非日常ではなく日常の延長にあると認識しているこの芳春院、次はいつ訪れることができるのでしょうか・・・ to be continued
画像を[いろいろ4]“芳春院1”“芳春院2”“盆栽庭園”に掲載中です。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら是非ともクリックしてくださいね!人気ブログランキングへ

参 2021桜の京都編25 平安神宮

2500 2021桜の京都編25 色々制限があるなか、桜咲く京都へお花見に行ってきました。最終日は朝シャンの後、平安神宮の神苑を散策。尚美館は、昔お茶会のお手伝いをしたことがあり、私にとっては懐かしい場所。桜もそろそろ終わりなので人出も少なく、快適に散策して楽しむことができました。平安朝の歌書に詠み込まれた植物が色々と栽培されているのも見どころの一つです。 to be continued
画像を[いろいろ4]“平安神宮”“神苑1”“”“神苑2”“神苑3”“桜1”“桜2”に掲載中です。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら是非ともクリックしてくださいね!人気ブログランキングへ

参 2021桜の京都編19 戒光寺

1900_20220422075201 2021桜の京都編19 色々制限があるなか、桜咲く京都へお花見に行ってきました。豊臣秀吉に関する豊国神社と方広寺と耳塚へ参った後は、泉涌寺の塔頭の戒光寺へ。戒光寺は丈六釈迦如来がご本尊なので賑やかな花まつり、たくさんのお花に彩られたお御堂でお釈迦様に甘茶を差し上げます。お寺の行事としては、厳めしくなくほのぼのとした雰囲気でとってもなごみました。 to be continued
画像を[いろいろ4]“戒光寺”“花まつり”に掲載中です。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら是非ともクリックしてくださいね!人気ブログランキングへ

参 2021桜の京都編18 方広寺

1800 2021桜の京都編18 色々制限があるなか、桜咲く京都へお花見に行ってきました。豊臣秀吉を祀った豊国神社を参拝し、その北隣にある特別拝観中の豊臣秀吉が創建した方広寺へ。豊臣秀吉が焼損した東大寺大仏の代わりに造立した当時日本一の高さを誇る大仏で、日本三大大仏の一つとされていた。木造乾漆造りの初代は伏見地震で倒壊、銅造の二代目大仏は若狭地震で倒壊、木造の三代目大仏は落雷により焼失、四代目の大仏は上半身のみ造られるが火災により焼失。仏様なのになんとも悲運な大仏様。現在の本堂には江戸時代に造られた1/10になってしまった廬舎那仏様がおられます。もう一つ有名なのは、豊臣家滅亡にも関わると言われる梵鐘、銘文に「国家安康」「君臣豊楽」とあり、徳川家を冒涜するものとされ、大坂の陣で豊臣家滅亡を招いたとされるいわくつきの梵鐘。知恩院の大鐘、東大寺の大鐘に並ぶ日本三大梵鐘の一つで重要文化財。あまりの重さ(82.7t)で動かせず、戦時中の金属回収令も免れたそう。 to be continued
画像を[いろいろ4]“方広寺”“梵鐘”“鐘楼”“”に掲載中です。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら是非ともクリックしてくださいね!人気ブログランキングへ

参 2021桜の京都編17 豊国神社

1700 2021桜の京都編17 色々制限があるなか、桜咲く京都へお花見に行ってきました。豪華な朝食の後は、東山にある豊臣秀吉を祀った豊国神社へ。徳川家康により廃絶となるも明治天皇の勅命で復興した神社。国宝の唐門は、伏見城から二条城と南禅寺を経てこの豊国神社に移築されたもの。苛烈な戦国時代を物語るような経歴、豊臣家の栄枯盛衰を表した神社でした。道路を挟んで西側にある耳塚(鼻塚ともいう)にも手を合わせる。秀吉の朝鮮征伐で戦功の証として集められた耳や鼻が納められ供養されている塚(現在は方広寺の史跡群の一つ)。なんとも痛ましい時代だったのねと少し心が痛みました。でも耳塚公園の藤はなかなかに見ごたえあり。 to be continued
画像を[いろいろ4]“豊国神社”“唐門”“耳塚”“”に掲載中です。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら是非ともクリックしてくださいね!人気ブログランキングへ

参 2021桜の京都編13 清涼寺

1300_20220411092601 2021桜の京都編13 色々制限があるなか、桜咲く京都へお花見に行ってきました。因幡堂から六角堂、その後は右京区の嵯峨にある清涼寺へ。それなりに京都のお寺は知っていたつもりですが、こんなに大きく立派なお寺がまだあったのかと感心しきり。大きな仁王像に迎えられ、経蔵の極彩色の残る四天王像にびっくり、境内もとっても広くお庭も素敵。本堂にはお御堂が飾られ、ご本尊の清涼寺式お釈迦様にお参り、霊宝館の素晴らしい仏様達に心癒されました。桜はもう盛りが過ぎてはいたけど、少ないながらも良い感じのお花見をすることができました 。 to be continued
画像を[いろいろ4]“清涼寺1”“清涼寺2”“四天王”“清涼寺3”“清涼寺4”“清涼寺5”“”に掲載中です。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら是非ともクリックしてくださいね!人気ブログランキングへ

参 2021桜の京都編12 六角堂

1200 2021桜の京都編12 色々制限があるなか、桜咲く京都へお花見に行ってきました。因幡堂の後は、如意輪観世音菩薩様をお祀りする頂法寺通称六角堂へ。池坊短期大学に隣接するお寺で、よく前を通っていたお寺、京都の中心へそ石が有名。花まつりのお釈迦さまに甘茶をかけて誕生を祝いました。 to be continued
画像を[いろいろ4]“六角堂”“花まつり”“白鳥”に掲載中です。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら是非ともクリックしてくださいね!人気ブログランキングへ

参 2021桜の京都編11 因幡堂

1100_20220405143801 2021桜の京都編11 色々制限があるなか、桜咲く京都へお花見に行ってきました。二日目は、佛光寺から因幡堂へ。正式には薬師如来様を祀る平等寺、ちょうど縁日と花まつりが重なり参拝客が多く賑やかでした。この因幡堂のお釈迦様はランの花で飾られ、とっても華やかでなんだか嬉しそう・・・ 素敵な花まつりですね。 to be continued
画像を[いろいろ4]“因幡堂”に掲載中です。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら是非ともクリックしてくださいね!人気ブログランキングへ

参 2021桜の京都編10 佛光寺

1000 2021桜の京都編10 色々制限があるなか、桜咲く京都へお花見に行ってきました。しっかりと朝食をとった後は佛光寺へ。少ないものの皇室宮家お手植えの枝垂桜があり、盛りは過ぎてはいましたが、名残の美しい枝垂桜を鑑賞。桜は咲いているだけで癒されていい気分になります。 to be continued
画像を[いろいろ4]“佛光寺”“”に掲載中です。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら是非ともクリックしてくださいね!人気ブログランキングへ

参 2021桜の京都編05 北野天満宮

0500_20220330165201 2021桜の京都編05 色々制限があるなか、桜咲く京都へお花見に行ってきました。最初に訪れた平野神社のすぐ近くにある北野天満宮へ徒歩で向かいます。いつもとは違う北側の門から入ると、梅の名所の天満宮にも少しですが桜があって見頃。いつもと変わらずに沢山の御神牛が出迎えてくれます。最近あちこちで見ることができるようになった花手水もあり、大きくなり始めた梅の実もまたいいものです。 to be continued
画像を[いろいろ4]“北門”“”“境内""御神牛”に掲載中です。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら是非ともクリックしてくださいね!人気ブログランキングへ

より以前の記事一覧