クリックしてね!

いろいろ

  • 高瀬川
    美味しいがいっぱい! 気になるものもいっぱい!

シャンパーニュ

  • NV ドゥール
    私が出会ったシャンパーニュのエチケット達!

プラック

  • NV デラモット
    プラックは、宝石のような煌き! 美しいですね!

最近のトラックバック

2017年2月23日 (木)

2016 ボジョレヌーヴォー

2016beaujolaisnouveau昨年から読み方が統一されたボジョレ・ヌーヴォー。“ボージョレ”とか“ボジョレー”とか呼ばれて行きましたが、“ボジョレ”に決まりました。そのボジョレのヌーヴォーは、収穫期に上昇した気温と長い日照時間で完熟した葡萄が豊作になった年。
色合いは、輝きのある濃いルビーカラー。香りは、濃厚で、ミュールやミルティーユのフレッシュな香り、缶入りドロップのようなフルーツの香り。味わいは、ほのかな甘さがあり、爽やかさな酸味に穏やかな酸味が加わり、ボリューム感のある味わい。年に一度の収穫を喜ぶ、華やかで楽しい味わいの赤ワインでした。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

2017年2月17日 (金)

2011 シャトー ピション ロングヴィル バロン

2011chateaupichonlonguevillebaron京都ホテルオークラのフレンチレストラン“ピトレスク”で楽しんだ赤ワイン。1本は飲みきれそうになかったのでハーフボトルで。ポイヤックの第2級で、カベルネソーヴィニヨン60%、メルロ35%、カベルネフラン4%、プティヴェルド1%。
色合いは、輝きのある紫色の残る濃いめのルビーカラー。香りは、ミュールやミルティーユの果汁の香り、ほどよい樽の香り。味わいは、果実味もあり、酸味、苦味、渋味などバランスよく感じ、ハーフの為かヴィンテージ以上の穏やかさを感じる。フロマージュと合わせて、エレガントな味わいの赤ワインでした。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

2016年12月30日 (金)

2003 モレサンドニ

2003moreysaintdenisフレンチレストランの“ローブ”で楽しんだ赤ワイン。ドメーヌデュジャックのモレサンドニ、勿論ピノノワール100%。
色合いは、輝きのある淡いめのガーネットカラー。香りは、最初はインクの香りがあるものの、次第にスリーズやミュールのコンポートの香り、わずかにスーボワとヴァニラの香り。味わいは、穏やかな酸味、豊かな広がりと奥行きを感じ、快適な飲み心地。余韻も長く、さすがにデュジャックの造りは満足感があります。こちらも石田さんがサービスをしてくださったので2ランクは上の味わい(グランクリュ並?)でした。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ


2016年9月28日 (水)

2012 コトーシャンプノワ

Nvcoteauxchampenois銀座のシャンパーニュバーで楽しんだ赤ワイン。シャンパーニュ地方ではほとんどの葡萄がシャンパーニュとして造られています。しかしほんの一部、ロゼワインのみのロゼ・デ・リセイ、赤ワインや白ワインやロゼワインのコトー・シャンプノワがスティルワインとして造られています。セパージュは100%ピノムニエの少し変わったタイプの赤ワイン。
色合いは、輝きのある淡めのガーネットカラー。香りは、フランボワーズなど赤系ベリーの香り、わずかに香木やミネラルの香り。味わいは、穏やかな酸味が支配的、ほのかに苦味と渋味もあります。シンプルで落ち着いた味わい、熟成感は控えめで、余韻には収斂性のある酸味が魅力的。強い印象のない優しい味わいの赤ワインでした。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

2016年8月17日 (水)

NV 15周年記念赤ワイン

Nv東京ディズニーシー15周年の記念のエチケットで登場の赤ワイン。原材料が輸入ワイン&輸入ぶどう使用・・・?輸入した葡萄を使って醸造したワインと樽などで輸入したワインを混合したワイン。日本ならではの不思議なワインです。
色合いは、鮮やかで明るいルビーカラー。香りは、フランボワーズやミュールのフレッシュな香りが支配的。味わいは、爽やかさを感じさせるフレッシュな酸味と少しの穏やかな酸味、わずかに甘味と苦味、飲み手を選ばないシンプルさ。トマトを使った料理にピッタリの味わいなのでワイン初心者にも最適です。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

2016年8月 3日 (水)

2012 サヴィニーレ ボーヌ

2012savignylesbeaune東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの“オチェーアノ”で楽しんだ赤ワイン。何度もお会いしてお話もしたことのあるドミニク・ローランさんが造る“サヴィニーレ・ボーヌ”。昔は濃厚な赤ワインが多かったのですが、最近はエレガントなタイプも増えて身近になったような気がします。
樹齢の高い、よく熟したピノノワール100%で造られているサヴィニーレ・ボーヌは、畑名でなくてもテクニックを使わずとも、努力しだいで良質なワインになる見本のようなアイテム。色合いは、紫色の見える濃いめのルビーカラー。香りは、ミュールやミルティーユのフレッシュな香り、トーストやヴァニラの香り、わずかにドライハーブやスパイスの香り。味わいは、穏やかな酸味がエレガント。わずかな苦味にこなれたタンニン。広がりも奥行も十分にある豊かな味わい。熟成感は控えめで、炙っただけの脂肪が少ない牛肉などの食事に合わせて飲むのが良さそうな赤ワインでした。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

2016年7月 5日 (火)

2011 シャトーヌフデュパプ レ カイユ

2011chateauneufdupape東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの“ベッラヴィスタラウンジ”で楽しんだ赤ワイン。ソムリエの勉強をする時に必ずこの“シャトーヌフデュパプ”の品種を覚える機会があります。黒葡萄と白葡萄合わせて13品種、すべての品種を使用している造り手もいる位、伝統なのでしょうか、覚える側としては少し恨めしいかもしれません。
フロマージュはあるけど、沢山は飲めないのでハーフで。セパージュは、グルナッシュ70% ムールヴェドル20% シラー10%(13品種使っていたらどうしようかと思いましたが・・・)。色合いは、濃いガーネットカラー。香りは、ミュールやミルティーユのコンフィの香り、インクの香り、わずかに乳酸菌飲料の香り。味わいは、穏やかな酸味、柔らかな渋味、ほどよい苦味としっかりした旨味、複雑性もあり、広がりのある味わい。フロマージュと共に時間を楽しむにはちょうど良い赤ワインでした。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ


2016年6月16日 (木)

2013 ボルドールージュ

2013bordauxrouge試飲会に行って見つけたとっても可愛い“リサとガスパール”の画がエチケットになったワイン達。
“リサは、好奇心いっぱいで、ハプニングがおこっても「わたしってあったまいい!」とトラブルを乗り切っちゃう、おしゃまな女の子”
なんとなくほのぼのする絵で、和みますねぇ!

メルロ70% カベルネソーヴィニヨン30%のブレンドの赤ワイン。AOPボルドー。アントルドゥメール地区のシャトー・ド・ロランジュリで醸造。平均樹齢は15年、100%除梗した後ステンレスタンクで醸造。色合いは、青みを帯びた濃いガーネットカラー。香りは、ミュールやミルティーユの香り、わずかにしし唐の香り。味わいは、穏やかな酸味に爽やかな酸味が加わり、渋味とわずかな苦味、しっかりした飲み心地で好感が持てます。少し冷やし気味で飲み始めると快適かもしれません。しっかりした味わいの料理にも合う赤ワイン。エチケットの可愛さ以上の味わいに感じました。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

2016年6月14日 (火)

2013 ピノノワール

2013pinotnoir試飲会に行って見つけたとっても可愛い“リサとガスパール”の画がエチケットになったワイン達。
“人間の学校に通って友達はいっぱいだけど、ふたりはとくべつ仲良しな“永遠の友達(トワトモ)”
可愛い二人があちこち旅行したりもします。日本にも来たそうですよ!

ピノノワール100%の赤ワイン。IGPペイドック、ピレネー山脈麓のリムー市の協同組合で造られています。リュット・レゾネで、100%除梗した後ステンレスタンクで醸造。色合いは、輝く明るいガーネットカラー。香りは、グロゼイユやミュールの香り、わずかに乳酸菌飲料の香り。味わいは、穏やかな酸味が主体、わずかに苦味と渋味があり、飲み心地が快適。冷やし気味の温度が快適かもしれません。気軽に楽しめる赤ワイン。こちらもエチケットの可愛さに釣られて買っても後悔しない実力派でした。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

2016年6月 9日 (木)

2014 モンテプルチアーノダブルッツォ

2014montepulcianodabruzzo東京ディズニーシーのカフェポルトフィーノで楽しんだイタリアの軽い赤ワイン、お天気の良い日にテラス席で楽しむには最適です。今回はハーフボトルでした。
アブルッツォ州でモンテプルチアーノ種を使って造られています。色合いは、濃いめのガーネットカラー。香りは、フランボワーズやグロゼイユの香り、わずかに青っぽい葉の香りも存在します。味わいは、爽やかな酸味と穏やかな酸味が混在し、渋味と苦味、わずかに甘味もあり、爽やかながらも複雑さがあります。爽やかさを活かして、少し冷やすと美味しく感じられる赤ワインでした。

ブログランキングに参加中です。お気に召しましたら、是非ともクリックしてくださいね!

人気ブログランキングへ

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Autre | Chat | Drc | Mousseux | Projet | Recette | Tdr | Travail | UnAvis | UneFete | VinBlanc | Vinrose | VinRouge | Voyage | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

エトワール

無料ブログはココログ