10 10 鯉山

やっぱり目を引くのは、御神体の左甚五郎作の五尺もある大きな鯉。時を経ても凄い躍動感です。きっと滝を上って龍になるんでしょうね!