浄妙が着用する鎧は、楠木正成の黒韋威胴丸(くろかわおどしどうまる)。巡行の際には一来法師は宙に舞っています。