12 28 黒主山

歌人大友黒主が桜を仰ぎ見てます。さぞかし素晴らしい歌ができたでしょう。私には、あまりの美しさに歌すら出てこないといった表情に見えました。