くりた

高瀬川のすぐ近く
いつもながらの暖簾をくぐると