たくさんある燈籠に灯がともり始めた頃
“一つ石”又の名を“勝負石”