02 22 岩戸山

屋根の上には、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が天瓊鉾(あまのぬぼこ)を携えています。雨除けもないので、前懸や胴懸が陽光を浴びてより美しく見えました。