くりた1

夜の高瀬川のすぐ側
通いなれた“くりた”
すでに食材が待ってくれていました