舞妓さんの出番を待っている間に、柏屋光貞さんの法螺貝餅を買いに・・・
“常は出ませぬ 節分に限って”の法螺貝の形に似たお菓子です。
串札と一緒に母に届ける途中、私が通っていた小学校跡へ寄り道。
かすかに面影のある門と碑が残っているだけでした。ちょっと寂しいなぁ・・・